利用規定

この規約(以下「本規約」といいます。)はYADORIGI株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するシェアオフィス・ビジネスサポートシステム「YADORIGI」(以下「本システム」といいます。)の利用に関する条件を定めるものであり、本システムを利用するすべてのお客様(以下「会員」といいます。)に適用されます。本サービスを利用する前に、本規約をよくお読みください。

YADORIGIサービス規定(1)シェアオフィス・コワーキングスペース

YADORIGI株式会社(以下「当社」といいます。)は、シェアオフィス・ビジネスサポートシステム「YADORIGI」(以下「本システム」といいます。)が販売する各施設(別紙記載、以下「各施設」という。)において、各種シェアオフィス・コワーキングスペース等利用サービス(以下「オフィスサービス」という。)を購入した者(以下「利用者」といいます。)に対し、サービス(別紙記載、以下「本サービス」という。)を提供するにあたり必要な運営上の規定並びにルールについて、下記の通り利用規則(以下「本利用規定」という。)を定めます。

第1条 施設の利用目的
利用者は、各施設を、執務スペースとしてのみ使用することができます。

第2条 運営管理者
各施設の運営管理は、当社又は当社が業務委託した者(以下、当社と総称して「運営管理者」という。)が行います。

第3条 利用者資格

  1. 利用者の資格は、本システムに登録された会員であり、本システムよりオフィスサービスを購入した者とします。 なお、本システムよりオフィスサービスを購入した時点で、当該利用者と当社との間で、本規定に従ったサービス利用契約(以下「本サービス利用契約」といいます。)が成立します。
  2. 利用者は、購入したオフィスサービスの種別に応じて、別紙記載の各施設毎に定められた各種サービスの提供を受ける権利を有するものとします。

第4条 各施設の利用

  1. 利用者は、各施設を別紙1記載の営業時間内に限り利用することができるものとします。
  2. 各施設の入退室の際は、本システムにより利用者に付与された入室用暗証番号を本システムに入力するか、YADORIGI顔認証システムを利用して鍵を解錠した上で入室しなければなりません。なお、各施設の入退室は、1つのサービス購入につき、購入した会員もしくは会員が登録したグループアカウント登録者のうち、同時には1名のみが利用できるものとします。また、運営管理者は顔認証システムもしくは防犯カメラ等を用いて、その利用実態を確認することが出来るものとします。
  3. 利用者は、別紙記載の営業時間内に限り、運営管理者が定める方法により事前に利用予約をすることで、別紙記載の会議室を別紙記載の条件で利用することができるものとします。なお、別紙記載の会議室定員以下の人数に限り、利用者のゲスト(以下「ゲスト」という。)として、利用者同伴のうえ、利用者でない者を各施設に入室させることができるものとします。ただしゲストは、各施設の会議室以外を利用することはできません。
  4. 前項の会議室の利用料は、利用の有無にかかわらず、予約時間に応じて、他の利用料と合わせて利用者に対し、請求するものとします。
  5. 前五項に反して、各施設を利用したことが判明した場合、利用者は、違約金として当該施設の利用料1ヶ月相当分を運営管理者に支払わなければなりません。
  6. 利用者は、各施設に付帯する設備(以下「付帯設備」という。)を本利用規則に従い使用することができるものとします。
  7. 利用者は、各施設及び付帯設備について所有権、賃借権を含む一切の権利を主張することはできず、付帯設備の移動等原状変更は事前の承諾無しには一切認めません。
  8. 電話、テレビ会議、打ち合わせ等は各施設内に設置されている電話ブース内、会議室内及び別途運営管理者が指定する場所でのみ可能とします。
  9. 利用者は、各施設において、利用者が所有又は占有する動産等(以下「私物等」といいます。)の管理を自己責任で行わなければならず、利用者の私物等に紛失、盗難、破損又は汚染等の損害が生じても、運営管理者は一切その責任を負いません。
  10. 利用者は、各施設利用時において、運営管理者から身分証明書の提示を求められた場合には、これに応じなければなりません。

第5条 営業時間及び休館日

  1. 各施設の営業時間及び休館日は別紙記載の通りとします。
  2. 前項にかかわらず、運営管理者は、各施設の管理上必要がある場合又は停電その他の事由により本サービスの提供が困難であると判断した場合には、必要最小限の範囲内で臨時休館日又は営業時間の短縮を設定することができるものとし、利用者はこれを異議なく承諾するものとします。かかる場合、運営管理者は、利用者に対し、速やかに臨時休館日を告知致します。
  3. 前項の告知の方法は、本システムもしくは運営管理者の指定するホームページへの掲載あるいは各施設内の所定の掲示板に書面を掲示する等の方法により行います。

第6条 善管注意義務及び各建物内規則の遵守

  1. 利用者は、当社が定める本利用規定を遵守し、各施設及び各施設が所在する建物(別紙記載、以下「本建物」という。)の共用部分を善良なる管理者の注意をもって使用するものとします。
  2. 利用者は、本利用規則の他、本建物の館内規則その他本建物の管理上定められた事項を遵守しなければなりません。
  3. 利用者は、ゲストに対しても、前二項の義務を遵守させなければなりません。

第7条 費用負担

  1. 次の各号に掲げる費用に関しては、利用者の負担とします。
    (1) 利用者が、故意又は過失により、各施設内に設置された什器等を破損、毀損した場合の修理・交換等にかかる費用。
    (2) 利用者が、別紙記載の各種サービス一覧表記載の有料サービスを購入した場合の費用。
    (3) 本サービスの利用契約が終了した際には、利用した施設の原状回復や損耗部分の補修費用求める場合があります。

第8条 イベント等の開催

  1. 各施設の全部もしくは一部又は運営管理者が指定するスペースにおいて、運営管理者又は運営管理者の承諾を得た者がイベント、セミナー等(以下「イベント等」という。)を実施する場合、運営管理者はイベント等の準備又は実施のため、利用者による各施設の利用を一時的に制限することができ、利用者はこれを異議なく承諾するものとします。
  2. 運営管理者は、利用者に対し、イベント等の開催スケジュールを予め告知致します。

第9条 禁止事項

運営管理者は、利用者が、以下の各号の行為又はこれに類似する行為を禁止し、利用者が仮に当該禁止行為を行った場合には、直ちに各施設の利用を中止させる等の処置をとることができるものとします。
(1) 本建物及び各施設の立入禁止箇所に進入すること。
(2) 運営管理者の事前の書面による許可なく各施設の住所及び名称を用いて、商業登記等の登記手続をすること。
(3) 運営管理者の事前の書面による許可なく各施設の住所及び名称を、利用者の業務の本拠として名刺を含むすべての印刷物又はホームページ等の電子媒体へ掲載すること。
(4) 運営管理者の事前の書面による許可なく各施設の住所及び名称を郵便物の宛先とすること。
(5) 本建物及び各施設を利用する他の利用者及びその他の第三者に迷惑を及ぼす音、振動又は臭気等を発する行為。
(6) 別紙記載のフリースペースに設置された机・椅子等に私物等を置くことで、長時間占有(場所取り等)すること。
(7) 本建物及び各施設内の指定場所以外で食事、飲酒又は喫煙をすること。
(8) 本建物及び各施設内において寝位による仮眠をとること。
(9) 運営管理者の許可なく本建物の乗用エスカレーター又は乗用エレベーターを利用して手荷物以外の物の搬出入を行うこと。
(10) 本建物及び各施設内に動物を持ち込み又は飼育する行為。但し、運営管理者の事前の書面による許可を得た盲導犬、聴導犬又は介助犬等は除く。
(11) 運営管理者の事前の書面による許可なく本建物及び各施設の通路や階段、廊下、外壁等に看板、ポスター等の広告物を貼ること。
(12) 運営管理者の事前の書面による許可なく各施設内にて物販等の営業活動、宗教活動又は政治活動を行うこと。
(13) 本建物及び各施設内で火気等を使用すること又は火気等を持ち込むこと。
(14) 本建物及び各施設内に二輪車等を持ち込むこと。
(15) 他の利用者に嫌悪感を与える服装で各施設を利用すること。
(16) 運営管理者の事前の書面による許可なく各施設内において、商品の販売、物品の修理その他金員の授受を伴う取引を行うこと。
(17) 本建物及び各施設内において、法令等に違反する行為を行うこと。
(18) 公序良俗に反する行為、その他運営管理者が不適切と判断する行為を行うこと。

第10条 私物等の管理

  1. 第9条第6号に定める、長時間放置された私物等(以下「放置物」という。)については、これが他の利用者の迷惑になると運営管理者が判断した場合、運営管理者は、当該放置物を他の場所に移動させ、放置発見日を含めて7日間は別の場所にて保管し、その後貴重品については最寄りの警察署へ届け、その他の物品については処分するものとします。
  2. 前項にかかわらず、放置物が飲食物・雑誌等であった場合、運営管理者はこれらを即日処分します。
  3. 利用者は前二項の処置について異議なく承諾するものとします。

第11条 解約(本サービスの利用終了)

  1. 利用者が、本サービスの利用を終了したい場合は、別途運営管理者が定めた方法により、その旨を運営管理者に通知することとする。
  2. 運営管理者は、前項による通知を受領した際には、5営業日以内に本サービス利用契約の終了手続きを完了させることとします。なお、運営管理者がサービス利用契約の終了を本システムに登録した時点で、本サービス利用契約は終了したものとします。
  3. 本サービスの利用に際し、必要な費用(以下「利用料等」とします)については、利用契約締結日および利用契約締結日から1か月を経過する毎に課金されており、サービスを終了した時点で支払われている利用料等については、返金されないものとします。
  4. 利用者は、運営管理者が本サービス利用契約が終了したことを利用者に通知した日から3営業日以内に、自らの所有物・資産等を利用していた施設より引き上げるものとします。3営業日を超えて当該施設に残置されていた場合、利用者はその所有権等一切の権利を放棄することに同意し、運営管理者が移動・撤去等のいかなる手段を講じても異議を唱えないものとします。

第12条 秘密保持

  1. 本利用規則において「秘密情報」とは、利用者自らが秘匿にしたい情報の全てであり、かつ、利用者が各施設を利用することに伴い知り得た運営管理者又は他の利用者に関する有形無形の技術上、営業上、その他一切の情報をいいます。
  2. 各施設は、利用契約及び本利用規則に基づき、多数の利用者が共用する施設であり、その特性に鑑み、利用者は、自らの責任で秘密情報を管理しなければならず、万が一、利用者の秘密情報が漏洩した場合でも、運営管理者は一切その責任を負わないものとします。
  3. 利用者が各施設を利用することに伴い、他の利用者の秘密情報を知得した場合、利用者は、善良なる管理者の注意をもって、当該秘密情報を厳重に秘匿する義務を負い、開示者の許可無くソーシャルネットワークサービス(SNS)や、自身のホームページやブログなど、一切のネット上あるいはその手段の如何によらず、第三者に開示し又は漏洩、公開若しくは利用してはなりません。万が一、利用者が本項規定の内容に違反した場合に発生した事案の一切に対し、運営管理者はその責任を負わないものとします。

第13条 利用規定の変更
当社は、各施設の運営上必要な範囲で本利用規則を変更できるものとし、利用者はこれを異議なく承諾するものとします。なお、本利用規則を変更する場合には、当社所定の方法によりその旨を告知又は通知するものとします。

第14条 準拠法、裁判管轄

各施設の利用に関して、運営管理者及び利用者との間で紛争が生じたときは、準拠法は日本法とし、訴額に応じて東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとする。

以 上

2019年5月27日
改訂:2019年8月29日
YADORIGI株式会社

【別紙】施設及び各種サービス
サービス利用規定別紙_190830